つい吉

日記

2022.05.01 休み3日目 推した

どうしようかな、と思っていたものをいくつか進めました。

作業はしばらく頑張っていたので、次は生活の向上を努めます。

 

***

 

推しが本日も最良でした。

 

どうやら多忙らしくしばらく露出が少なかったのですが、さすがにGWはおやすみもあるらしく、先ほどワイワイされているのを堪能していました。ありがとうございます。

元気にワイワイされているのを見るのは幸せのひとつです。

 

***

 

そういえば先日ゴールデンカムイを読み通しました(以下ネタバレあります)。

全部読んだのは前回の無料公開(秋頃だった記憶がある)だったので、最後の決戦をワッと駆け抜けて終わりました。最後、自分の中ではかなり好きな着地の仕方だったので、良かったねぇ、となりました。

こういう、長編を最後までグッと盛り上がって楽しんだのは鋼の錬金術師以来です。

 

で、さっきまた1話からちょっと読み返していたのですが(どんどん読んでしまうので無理やり中断しました)、この着地に至るためのキャラクターのバックストーリーはもう6巻くらいまででまとまっていたんですね。ちゃんと構成がされている……。

杉元は家を燃やしてしまったから帰る故郷自体がなく、アシリパさんは親しい家族がいないから大人びてはいるが寂しい思いを抱えている、が提示されていたので、個人的には納得のいく帰結だなと思いました。野田先生ありがとうございました。

 

***

 

需要と供給の話をします。オタクの話です。

オタク、たまに1つの作品にごっつハマることがあるのですが、それが商品展開やイベント開催を行うほどの規模感かどうかでかなり供給量が変わってきます。

最近は供給いっぱいのちいかわにハマっているので満腹コースなのですが、一方たとえば推し関連はそういうのを全然していないので、推しの露出だけが供給になり得るのです。これは量や質や、そういうことでまたちょっと変わる、細かい話になってくるのです。オタクなので。